サラリーマンは副業していいの?



会社に勤務しているが、副業していいのか分からない。という方は参考になるかと。

 

就業規則を確認しよう

まずは副業が禁止されているか就業規則を確認してみましょう。

ちなみに管理人の会社では特に禁止されていません。というか副業についての記載がありません。

 

副業がばれたらどうなる?

周りにばれた人がいないのでネットで調べてみました。

ケースによっては解雇になることもあるみたいですね・・・

ただ、副業がばれた→即解雇

という分けではありません。会社勤めの方はおわかりと思いますが、人を解雇するには相当な条件が必要です。

では、どんな時に解雇となるのかというと

会社の機密事項の漏洩・会社の信用を失墜させるような行為

が肝となるようです。

それ以外の場合では、始末書程度ですむみたいですね。

よっぽどのことをしない限り解雇にはならないようです。

とはいえ会社に副業がばれることは防ぎたいですよね。

 

住民税

副収入があった場合、その分の住民税は本職の会社の給与から本職・副業まとめて天引きされます。つまり会社は労働者の住民税を把握している訳です。

では、どうすればいいかというと。自分で副業分の住民税を納付すればいいのです。

確定申告

 確定申告時に「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」に「自分で納付する」を選択できます。

役所へ連絡

住民税の担当部署へ、副業で稼いだ分の住民税は自分で納付することを相談します。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

自己紹介

自画像

 

管理人のタケヤです。
ブログ・メールマガジン、そして管理人(笑)も生まれ変わりました。
装いも新たにネットビジネス副業の手法をお伝えします。

 

何かご質問がありましたら、お気軽にご質問ください。

★お問い合わせはこちら★

各種マニュアル

スキル不要の副業マニュアル

簡単な作業で不労所得をゲット。特別なスキルは不要です。

PDF62ページ・動画60分・購入後サポート

ダウンロードはこちらから(販売停止中)

 

輸出入ビジネスマニュアル

Amazon・eBay・Buyma・タオバオというプラットフォームで輸出入ビジネスを始める方法。

PDF130ページ・動画300分・購入後サポート

ダウンロードはこちらから(販売停止中)

 

諸事情により販売停止中です。各種ノウハウを学びたい方はこちら

★メルマガ登録★

このページの先頭へ